車庫証明(自動車保管場所証明書)は、自動車の新規・移転・変更登録の際に必要となる添付書類です。

例を挙げますと、新しく自動車を購入した時、

名義変更をしたことにより自動車の所有者が変わるとき、

転居により車庫の所在地も変わる場合が挙げられます。

まず、車庫証明を取得するには下記の要件を満たしている必要があります。

 

①車庫が、使用の本拠の位置(居住地・事業所の位置)から2km以内の場所にあること

 

②駐車場、空き地等、道路以外の場所であること

 

③道路から支障なく出入でき、自動車の全体を収容できること

 

④自動車の保管場所として使用できる権限があること

 

提出する警察署は?

警察署

 

車庫証明を取得する前提としての要件を満たしたら、最寄りの警察署に必要書類を提出します。

 

その際、申請は車庫の所在地を管轄している警察署に申請します。

居住地を管轄している警察署に申請するわけではありません。

ここはよく混同してしまう部分でもありますので注意が必要です。

 

普通自動車の車庫証明(自動車保管場所証明書)の申請に必要な書類

1.自動車保管場所証明申請書・保管場所標章交付申請書

車庫証明書

警察署備え付けの書類は、四枚一組で複写式になっています。

押印は認印で構いません。

2.保管場所の所在図・配置図

所在図・配置図

所在図は地図のコピーでも構いません。

3.保管場所の使用権原を疎明する書面(いずれか一通)

 

A.保管場所使用権原疎明書(自認書)

自認書

B.保管場所使用承諾証明書 

使用承諾書

使用承諾書は大家さんや、管理会社様に押印していただく必要があります。

 

以上の四点が、車庫証明の申請をする際の基本的な提出書類です。

また、受領の際には認印が必要です。

ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらからどうぞ!

ディライト行政書士事務所では姫路市近郊の車庫証明手続きを格安で代行しております。

お困りの際はぜひ幣所へご依頼ください。